テレビドアホンでセキュリティ面もばっちり!

かつて日本は世界有数の治安が良い国として知られており、地方では外出するに際しても施錠しないで出かけても特に盗難被害の心配がない、などと言う話はよく耳にしたものです。しかし現代では社会経済状況の変化もあって治安についての意識にも大きな変化が見受けられるようになりました。

近時では全体の新規刑法犯認知件数の総数は減少傾向にあるとはいえ、たとえ地方であっても治安面に意識しない生活を継続すれば侵入窃盗の標的になることは否定出来ない状況です。侵入窃盗に代表される空き巣などの刑事事件に発展しなくても、リスクは存在します。怪しげな新興宗教の勧誘や悪質な訪問販売業者の暗躍など、自宅についても防犯体制を構築するのは必須の社会へと、現代社会は大きく変貌を遂げているのです。日常生活において遭遇するリスクを回避するために、有力な選択肢になるのが、インターホンになります。

インターホンとはかつてはドアチャイム程度の機能しか有していませんでしたが、現代ではセキュリティ面を強く意識したテレビドアホンが登場しています。テレビドアホンとは従来のインターホンの機能に、画像録画機能などを実装したというものです。セキュリティ面で効果を発揮するのは、訪問者の顔を映像で確認することが出来る点にあります。例えばセールスでチャイムを押されたときに、リアルタイムで訪問者の顔や外見を映像で確認することが叶うので、接客する価値のない相手に対しては居留守を使うこともできます。

必要のないセールスの訪問販売の購入被害を回避するには、セールスマンと相対しないことが一番の対策です。下手に来客に答えてセールスマンを部屋にあげると、セールストークの煙に巻かれて不必要な商品やサービスを購入する羽目に陥らないとも限りません。また宗教の勧誘も同様で、相対して勧誘スタッフを屋内に入れてしまえば、相手の術中にはまることになる訳です。そこで適切なタイミングで居留守を選択することを可能にする、テレビドアホンはセキュリティ面の不安を解消するのに、必須のアイテムといえます。

最近のテレビドアホンの撮影機能は進化しており、リアルタイム録画機能などを実装しているものも登場しています。録画した映像の画素数もきめ細かくなり、訪問者の顔をはっきりと識別し、不審者を誤ることなく識別することができるレベルの撮影機能も備えているほどです。セキュリティ性能をあげるために、テレビドアホンは現代では必須のアイテムと言えます。