マイホームをリフォームする時のポイント

新築後、建築年数が経過すると、何かと使い勝手が悪くなったり設備の老朽化が目に付くようになります。特に水回りや外壁などは劣化が進行しやすく、目に付くばかりでなく機能的にも支障を来たすことになるでしょう。部分的な補修や消耗品の交換では対応できない場合は、リフォームで思い切って改善策をとることで初めて解決になることもあります。ただしリフォームは新築ほどの費用ではなくても、相当の出費を伴うものです。これからさきより快適な生活を送るためには、改築の失敗は何としても避けたいと誰もが考えるはずです。そこでリフォームを実施する際の、チェックポイントを確認しておきましょう。

まずリフォームは業者に相談することから始まります。事前の相談の段階では、マイホームのどこにトラブルを抱えているのかを明確に伝えることが出発点になります。後日の費用でトラブルになることがないように、予算を明確にし、見積もりも書面で出してもらってください。予算に応じ、適切な見積もりを心掛けることで、不明朗な請求を防ぐことになります。

担当者との打ち合わせでは、マイホームのリフォーム案のイメージを、具体的に形作ることが重要。打ち合わせではリフォームについて作業内容から完成形をイメージできる程度に、綿密に交渉する姿勢が求められます。リフォームの完成形までイメージできてはじめて、契約書を取り交わすべきです。

担当者から勧められるままに契約書に署名押印してしまうと、リフォーム後に後悔してしまう可能性がでてきます。設置した設備本来の機能を発揮することができても、それが当初の理想毛糸ミスマッチが生じてしまえば、失敗と同義になってしまいます。少なくとも設備や機器本来のスペックを見せている限り、契約どおりに義務を履行したことになるのです。本当にどのような点を改善し、理想のマイホームのために足りない部分はどこなのか、を常に意識していることがポイントです。

ところで劣化した場所の補修などでは、リフォームと同時に補修工事が必要になることがあります。建材や塗料など外装に関連する部分では、見た目のデザイン性が重視されますが、機能面でもマイホームのエリアの気候の特性を踏まえて検討する必要があるわけです。見た目重視で建材や塗料を選択すると、十分な強度や塗膜を確保することができず、短時間で不具合が再発する可能性があります。雨の多い地域では防水性能を重視するなど、局面にあわせて柔軟に対処する必要があります。

サイト内検索
最近の投稿
No image

マイホームをリフォームする時のポイント

2019年08月08日
人気記事一覧
5
No image

マイホームをリフォームする時のポイント

2019年08月08日

(299 Views)