一戸建てとマンションのメリット比較!

高級なマンション

マイホームを手に入れるときには、一戸建て住宅と分譲マンションのいずれかの選択肢があります。どちらの選択肢が妥当なのかは一概には決めることは困難です。それぞれに特性があり、住民の方のライフスタイルによって同じ物件であっても、向き不向きが異なる場合もあるからです。どちらを選ぶべきなのか迷っている方のために、戸建て住宅と分譲マンションのそれぞれの特徴やメリットを検討してみましょう。

まずは戸建て住宅を購入する場合はどうでしょうか。戸建て住宅を購入することの最大のメリットはプライバシーを確保できることです。この場合のプライバシーとは対内的側面と、対外的側面の二つの方向性を意味しています。対内的というのは、家族同士でも部屋を得るので互いにプライベート空間を確保できるということです。対外的というのは隣の住民や通行人など、外部の第三者からプライベートを守ることが叶います。

また一戸建て住宅の場合は、隣人への騒音や振動などの迷惑行為の心配がマンションに比べると格段に小さくなっています。マンションの場合は構造にもよりますが、屋内で歩いたりあるいは洗濯機使用などの生活騒音に、常に配慮を払う必要があります。もちろん一戸建て住宅で隣人との騒音などの迷惑が問題になる可能性はありますが、日常生活を送るかぎりさほど制限を受ける要素はありません。

これにたいして分譲マンションの場合は、充実したセキュリティ設備の充実している点が大きなメリットです。新築の分譲マンションでは、各室オートロック完備で防犯カメラの設置などでセキュリティ大勢が構築されていることが多いようです。犯罪の発生件数は減少傾向にあるとはいえ、侵入窃盗などの犯罪被害などのリスクには常にさらされているのは確かです。そこでマンションのなかにはマシーンだけでなく管理人や警備員などの有人管理体制を採用している所も多いのです。

オートロックや監視カメラだけでは、セキュリティ面では不安な方も管理人や警備員などの有人の管理体制が確立されていれば一層の安心感につながります。また分譲マンションの場合は、各種の共用設備の手入れは、不動産管理会社などに委託することになります。共用設備に故障などが発生しても、修繕や日ごろの手入れも含めて、住人が取り組む必要はありません。

この点、一戸建て住宅の場合は、設備や庭などの手入れは所有者の責任になるので、専門家に依頼して有償で処理を依頼する必要にせまられます。

サイト内検索
人気記事一覧
2
高級なマンション

一戸建てとマンションのメリット比較!

2019年07月03日

(119 Views)